【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/06/11 :: 【第19話】夏バテならぬ初夏バテ
    6月に入り初夏の風が吹く一方、時折降る雨に蒸し暑さを感じ、気分も体もこたえる季節ですね。
これから夏本番を迎えるのに、もはやバテている私。7月、8月になったらもっと暑いのに今から大丈夫か心配になっている方も多いはず。
そこで、今回は早いうちから夏バテ解消!夏に負けない体をつくる対処法をご案内いたします。

<夏バテの原因>
夏バテの原因は『水分不足』『消化器官の機能低下』『自立神経の不調』です。
・『水分不足』
気温が上がるにつれ体温も上がりますが、体は必死に体温を下げようとして汗をかきます。そこで失われた水分を補給しないと、脱水症状などの体調不良をまねきます。

・『消化器官の機能低下』
暑さで体温が高くなると胃の消化機能が低下し、栄養の吸収が悪くなります。吸収が落ちると体に必要な栄養も不足し、体力が落ちる原因になります。また、この状態で冷たい飲み物を摂り過ぎると胃をこわしてしまい、更に胃の働きも落とすといった夏バテの典型を招きます。

・『自立神経の不調』
寒暖差が激しいと自立神経が気温の変化についていけず調子が悪くなります。自立神経の乱れは、めまいや頭痛のなどの体調不良につながります。

以上が夏バテの主な原因です。上記を踏まえて具体的な対策を以下に記します。

 ・『水分補給』
暑いからといって冷たい水やジュース、ビールなどを飲むと胃の調子を悪くします。
水分補給のコツは温かい飲み物を少しずつ飲むことで、ハーブティーや温かい緑茶が
おすすめです。

 ・『しっかり栄養、しっかり睡眠』
ビタミンB1・B2、ミネラル、クエン酸をしっかり摂ることが大切です。食べ物では夏の定番“うなぎ(今は高いですかねぇ?)”や“豆腐や枝豆などの大豆”がビタミンB1・B2を豊富に含んでいます。また、食欲がない時はサプリメントで補給することも効果的で、同時に睡眠をしっかりとることで体力が回復します。
 ・『冷房対策』
外気と室温の気温差を5度以内に設定する、もしくは冷房ギンギンの室内に入る際は衣服の調整をしてください。
!!$img1!!


はまやスタッフ:ひまわりU

all photo

Recent Diary

«« 【第13話】広まってきた男性の更年期障害 | main | 【第15話】紫外線が目に及ぼす影響と対策 »»
«« カテゴリ内前記事(【第13話】広まってきた男性の更年期障害) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第15話】紫外線が目に及ぼす影響と対策) »»
2012/05/09
【第14話】イライラストレス解消法
今年のゴールデンウィークの後半は御天道様に嫌われて最悪でしたね。ほとんど何処にも行けず、4歳になる息子と外遊びのために買った「屋外お遊びセット」も不発に終わり、イライラしっぱなしでストレスのたまるゴールデンウィークでした。
【第14話】イライラストレス解消法

ところで、このイライラストレスはどのように解消することができるのでしょうか?イライラストレスの原因は大きく分けて2つあります。
1つは仕事・会社・人間関係・家庭環境といった外的要因によるもの。そしてもう1つは、ミネラル・ビタミン、ブドウ糖の不足といった栄養バランスの乱れからくる内的要因によるものです。

科学技術・IT技術の目覚ましい進歩により、社会変化が著しい現代社会において、前者は避けて通れませんが、後者は自己努力で何とか対応できそうですね。日頃からバランスの良い食事を心がけたいものですね。


<ビタミン・ミネラル等の不足によって起こるイライラ※( )内は多く含む食品>
□マグネシウム不足(ごま、青のり、いんげん豆、するめ、油揚げ)
精神安定作用があるため落ち着かない、興奮しやすくなる。

□鉄不足(豚・鳥レバー、パセリ、あさり、しじみ、卵黄)
ストレス抵抗力の低下を招き、怒りっぽい、注意力が散漫になる。

□亜鉛不足(生牡蠣、豚レバー、ほや、牛肉肩、牛肉肩ロース)
中枢神経の形成と機能維持に影響し、脳活性の低下からストレス抵抗力を弱める。

□マンガン不足(しょうが、日本茶・玉露、しそ、バジル、中国ぐり)
脳神経の刺激伝達が正常に働かず、いきりたったり、愚痴っぽくなる。

□モリブデン不足(きなこ、大豆、落花生、枝豆、玄米)
神経系の働きの阻害によって注意力低下、睡眠障害になる。

□ビタミンB群不足
「精神のビタミン」と呼ばれており、イライラしたり協調性を失う場合がある。ビタミンB群の補給すること
によって学習能力が向上するケースもある。

□ビタミンC不足(アセロラ、焼のり、赤ピーマン、めきゃべつ、ゆず)
ストレスに抵抗するためのホルモンをつくる作用があり、不足すると我慢、忍耐力低下にもなる。

□ビタミンE不足(アーモンド、松の実、らっかせい、すじこ、とうがらし)
脳の酸素の供給をよくする働きがあるため、集中力、精神活動が低下する。

□ブドウ糖不足(炭水化物:米・パン・麺)
ブドウ糖が不足すると脳の働き、判断力、集中力が低下します。すると脳は、ブドウ糖を補給するために肝臓にあるグリコーゲンを分解してブドウ糖を作るよう指令を出します。そのときに出されるのが、攻撃性ホルモンのアドレナリンで、その結果、空腹時はイライラするのです。
posted at 2012/05/09 14:13:47
lastupdate at 2012/05/09 14:13:47
修正