【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/11/16 :: 【第195話】旬の食材シリーズ【じゃがいも】
11月も後半になり、札幌もいよいよ雪のたよりが近づいてきました。
朝晩は気温もぐんっと下がり、これからは体調管理に一番気をつけなくてはいけませんね。
食事も旬の野菜をたっぷりとって、元気に過ごしていきましょう。
今回の旬の食材シリーズは、北海道を代表する野菜の横綱『じゃがいも』です。
旬の食材『じゃがいも』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【じゃがいも】(ナス科ナス属) ※旬は9月〜12月!!$img1!!
「じゃがいも」の原産地南米アンデス山脈からメキシコで、16世紀にインカ帝国を滅ぼしたスペイン人によってヨーロッパに持ち帰られました。日本へは江戸時代のはじめにオランダ人が長崎に持ち込んだのが最初で、ジャワのジャガタラ港経由だった為「ジャガタライモ」と呼ばれ、さらに「じゃがいも」と呼ばれるようになったと言われています。
北海道での栽培の歴史は1706年にせたな町で作られた記録が最も古いものです。その後、北海道の冷涼な土地がじゃがいもの栽培に適すると判断され、開拓使を中心に沢山の品種が持ち込まれたとされています。

■【じゃがいも】の選び方
・大きすぎるものは空洞がある可能性がある
・持ったときに重量感がある
・しわが少なく表面がなめらかで、ふっくらした形をしている

■保存方法
じゃがいもは光があたると、緑色に変色し苦みが出ます。これはソラニンという物質で、芽に多く含まれており大量に食べると吐き気などを起こします。暗い場所で、またできるだけ新陳代謝を抑えるために低温の場所に保存しましょう。りんごと一緒の袋に保存すると、エチレンガスの影響で発芽しにくくなります。

■成分・特性
「じゃがいも」は、ビタミンCを多く含んでおり、さらに主成分のでんぷんが加熱によるビタミンCの破壊を防ぐため、より効率的に摂取することが可能です。でんぷんを多く含むため炭水化物の多い作物です。

■調理法
「じゃがいも」は焼く、ゆでる、揚げるなどさまざまな調理の仕方がありますが、品種により向き不向きがあるため、特徴にあった調理をしましょう。ゆでる場合は、皮がついたままゆで、あとから皮をむく方が、水っぽくならず、ビタミンCの損失も少なくなります。

■「じゃがいも」の豆知識
じゃがいもはフランス語で「大地のリンゴ」と呼ばれています。これはでんぷん質以外にもビタミン類やカリウムなどを豊富に含んでいるからです。大航海時代には、長い船旅により野菜不足から船員たちは壊血病に悩まされました。このため長期保存でき、ビタミンCを多く含むじゃがいもが積み込まれ、長い航海を支えたとも言われています。

みなさんも「じゃがいも」など、旬の野菜をしっかり食べて体力を温存させ、元気に師走を迎えましょう!

むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第12話】トマトの栽培から見た空腹健康法! | main | 【第14話】イライラストレス解消法 »»
«« カテゴリ内前記事(【第12話】トマトの栽培から見た空腹健康法!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第14話】イライラストレス解消法) »»
2012/05/01
【第13話】広まってきた男性の更年期障害
更年期障害といえば、女性の病気だと思われがちですが、最近は男性にも多く見受けられます。
一般的に45歳から65歳の働き盛りに多く、症状としては、
・疲労感 ・記憶力の低下 ・不眠 ・肩こり ・性欲減退 などがあり、女性の更年期と症状はさほどかわりません。
原因は男性ホルモン(テストロテン)の減少にあります。男性ホルモンが減少することによって上記の症状が現れますが、“年のせい”と気づかないことが多いようです。
「最近疲れがとれない・・」と思っている人は注意してください。
実は、男性の更年期障害は昔から存在していたのですが、認知されだしたのは最近の話です。
では、更年期の症状を少しでも緩和するためにはどうすればいいでしょうか。
病院に行けば男性ホルモンを投与したり、漢方などを処方してくださいませすが、
しかし、病因に行く前にやれることがあります。それは“ある野菜”を食べることが男性の更年期障害に有効に働くのです。
実は“たまねぎが”男性ホルモンの『テストロテン』を増やすことがわかっています。
【第13話】広まってきた男性の更年期障害
玉ねぎは血液をさらさらにするなど、身体に良い野菜と知られていますが、玉ねぎに含まれている含流アミノ酸が血中男性ホルモンを増やしてくれるのです!
ここで大切なことは、玉ねぎを生の状態で食べるのではなく、切ってすぐ加熱することです。
 

また、食事だけではなく、適度な運動やウォーキングもホルモンのバランスを整える効果があります。運動をよくする人は、更年期になりにくいと言われています。
食事と運動は生活習慣病の予防に繋がります。是非、事前の予防を!。
はまやスタッフ:ひまわりU
posted at 2012/05/01 14:48:04
lastupdate at 2012/05/01 14:48:04
修正