【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 02   «« »»
01
T
 
02
F
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/08/26 :: 【第81話】ラジオ体操
子供達の夏休みも残りわずかとなりましたね。
まだまだ暑さが厳しいですが、早起きをしてラジオ体操に出掛ける子供達も多くいると思います。
今回は『ラジオ体操』の効果についてお話したいと思います。
ラジオ体操はさまざまなダイエット効果を持つ、優れた体操と言われており、全体で1〜13番までの体操に分かれています。ひととおり行うと、有酸素運動・筋トレ・ストレッチ・バランス運動と、総合的な運動ができる内容になっています。
時間にするとたったの3分10秒なので運動が苦手な方でも毎日続けられるはずです。


では、もっと具体的にしくみについてみてみましょう。
■ 1〜3番:日常よく使われている腕と脚を使い、全身の筋肉刺激を高め、血行を促進
■ 4番 :体幹部の動かすことによって、呼吸器官の働きを高めます。
■ 5〜10番:体幹に徐々に刺激を加え、脊髄の柔軟性を高め、筋肉を伸ばすことによって
強化し、各部位が連動して動きやすくします。
■ 11〜13番:腕と脚の運動で、筋肉をほぐし、呼吸の調整を行います。
!!$img1!!


上記以外に、ダイエット効果として
・ 骨格筋を鍛えて血行をよくし、代謝をUPさせる!
・ 背骨や骨盤を安定させ、姿勢を整える
・ ねじる、曲げる、反る運動で消化器官が刺激され便秘改善効果

また、ラジオ体操を行う時間帯によって体操の効果もさまざまで、

@ 朝食前に行うと、頭や体の目覚めさせ1日のスタートを元気に!
A ダイエットが目的であれば、16〜18時頃に行うと、消費カロリーが高い!
B 入浴前に行うと熟睡につながる
などと言われています。

みなさんも、もう一度ラジオ体操でこの夏を健康に過ごしてみてはいかがでしょうか?


店長 むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第10話】「睡眠」に気を使っていますか? | main | 【第12話】トマトの栽培から見た空腹健康法! »»
«« カテゴリ内前記事(【第10話】「睡眠」に気を使っていますか?) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第12話】トマトの栽培から見た空腹健康法!) »»
2012/04/17
【第11話】幸せホルモンを増やしましょう!
各地で桜も咲き、やっと春到来ですね。気温も上がり、私はなんとなく幸せな気分になっていたのですが、実は、気だけではありませんでした。日照時間が短い冬は『幸せホルモン』と呼ばれる“セロトニン”という物質の分泌量が少ないのだそうです。
セロトニンの発生量が多くなれば、気力も充実し活き活きとした毎日を送ることができると言われています。一方、不足すると精神のバランスが崩れ、うつ病になる場合があると言われるほど重要な物質です。
では、『幸せホルモン』の分泌量を増やすにはどうすればよいでしょう?

■日光に当たる
 最もお手軽な方法です。お日様の力を借りちゃいましょう♪日光を浴びるとセロトニン
の分泌が活性化されますので20分〜30分程度日光浴をしましょう。特に朝起きたとき
に浴びるのが効果的のようです。
【第11話】幸せホルモンを増やしましょう!

■規則正しい運動を行う
ウォーキングや軽度の体操を約30分程度続けて行うとセロトニンが分泌されます。
早起きして朝日を浴びながらの運動であれば、最も効果的ですよね。
■食物繊維から摂取する
 セロトニンの前駆体(セロトニンに変化する物質)や、セロトニンを作るのに必要なビ
タミンB群は、いずれも腸で腸内細菌が作り出しています。腸内環境が乱れて、腸内の
善玉菌が減ってしまうと脳内のセロトニンも減少してしまいます。
ですから、食物繊維を多く摂取して腸内環境を整えることがセロトニンを増やすことにつながるのです。

余談ですが“ハグ(抱き抱き❤)”を30秒するとセロトニンと同じ神経物質の“ドーパミン”(快感)、“オキシトシン”(愛情)、セロトニンが分泌され、ストレスの1/3は解消されるそうです。
はまやスタッフひまわり:U
posted at 2012/04/17 14:34:39
lastupdate at 2012/04/23 13:38:16
修正