【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/12/01 :: 【第146話】冬でも水分補給を!
今日から12月。とうとう今年も残すところ1カ月となってしまいました
こらからは寒さと乾燥が厳しくなり、風邪やインフルエンザ、ノロウィルスなどといった感染症が増える時期です。今回は「冬でも水分補給!」と題して水分補給の重要性についてご紹介します。


!!$img1!!人の身体の約60%は水でできています。胎児は体重の約90%、赤ちゃんで約75%、子供で約70%、成人60%、老人50%といった具合です。人は水分を食べ物・飲み物などから摂取し、ほぼ同量を汗や尿などで排出していますが、これは春夏秋冬同じなのです。したがって、水分補給の重要性は冬でも夏でも変わらないのです。

!!$img2!!<風邪の予防に水分補給>
風邪やインフルエンザの原因となるウィルスは乾燥していると活動が活発になります。しかしながら、湿度が50%を超えると活動が低下します。
水分補給で喉や鼻の粘膜を潤して、体内へのウィルスの侵入を防ぎましょう。


!!$img3!!<心筋梗塞や脳梗塞などの予防に水分補給>
気温が低くなると、心筋梗塞や脳梗塞などを発症する人が増えます。これは寒くなって汗をかかなくなり、のどの渇きが薄らいだ結果、水分補給が少なくなり、血液がドロドロ状態になるからです。ドロドロ血液は、血管を詰まらせて心筋梗塞や脳梗塞等を引き起こします。

これからの季節は忘年会などでお酒を飲む機会が多くなります。お酒には利尿作用がありますので、お酒を飲んだら水分補給を忘れずに!

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第10話】「睡眠」に気を使っていますか? | main | 【第12話】トマトの栽培から見た空腹健康法! »»
«« カテゴリ内前記事(【第10話】「睡眠」に気を使っていますか?) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第12話】トマトの栽培から見た空腹健康法!) »»
2012/04/17
【第11話】幸せホルモンを増やしましょう!
各地で桜も咲き、やっと春到来ですね。気温も上がり、私はなんとなく幸せな気分になっていたのですが、実は、気だけではありませんでした。日照時間が短い冬は『幸せホルモン』と呼ばれる“セロトニン”という物質の分泌量が少ないのだそうです。
セロトニンの発生量が多くなれば、気力も充実し活き活きとした毎日を送ることができると言われています。一方、不足すると精神のバランスが崩れ、うつ病になる場合があると言われるほど重要な物質です。
では、『幸せホルモン』の分泌量を増やすにはどうすればよいでしょう?

■日光に当たる
 最もお手軽な方法です。お日様の力を借りちゃいましょう♪日光を浴びるとセロトニン
の分泌が活性化されますので20分〜30分程度日光浴をしましょう。特に朝起きたとき
に浴びるのが効果的のようです。
【第11話】幸せホルモンを増やしましょう!

■規則正しい運動を行う
ウォーキングや軽度の体操を約30分程度続けて行うとセロトニンが分泌されます。
早起きして朝日を浴びながらの運動であれば、最も効果的ですよね。
■食物繊維から摂取する
 セロトニンの前駆体(セロトニンに変化する物質)や、セロトニンを作るのに必要なビ
タミンB群は、いずれも腸で腸内細菌が作り出しています。腸内環境が乱れて、腸内の
善玉菌が減ってしまうと脳内のセロトニンも減少してしまいます。
ですから、食物繊維を多く摂取して腸内環境を整えることがセロトニンを増やすことにつながるのです。

余談ですが“ハグ(抱き抱き❤)”を30秒するとセロトニンと同じ神経物質の“ドーパミン”(快感)、“オキシトシン”(愛情)、セロトニンが分泌され、ストレスの1/3は解消されるそうです。
はまやスタッフひまわり:U
posted at 2012/04/17 14:34:39
lastupdate at 2012/04/23 13:38:16
修正