【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/08/11 :: 【第130話】汗の量は食べ物で改善できる?気になる汗について
暑さで寝苦しい日が続いてますね。「起きたら自分の寝汗の量にびっくりした」と知人が話していました。冬でも1日1L〜1.5Lは寝汗をかいているので、夏はそれ以上の量。
シーツに残る匂いも気になりますね。寝汗は体温を下げようとする生理現象ですが、
ひどい寝汗の場合は病気の疑いがあり、肺結核、自律神経失調症、肝機能障害などが考えられますので気を付けてください。
また、寝汗に限らず夏は汗をかきやすくて汗ジミや臭いを気にされる方も多いでしょう。
ちょっとした工夫や食物によって抑えることができますので取りいれて汗の不快感から解放してみてはいかがでしょうか。
!!$img1!!





◇汗を抑える食べ物
最近は汗ジミ防止の制汗剤が多く出回っていますが、汗の量や匂いは食べ物によって抑えられることがあります。
・大豆製品
大豆製品に含まれている成分「イソフラボン」は発汗作用を抑える効果があります。
豆腐、みそ、納豆、豆乳などにイソフラボンは多く含まれています。

・ハーブ製品(アロマオイルの香りも含みます)
副交感神経を刺激することで汗を抑えることにつながります。
ハーブティーを飲んだり、食べ物ではありませんが、リラックス効果のあるアロマオイルを焚いたり、リラクゼーション効果のあることをすると良いでしょう。

・体を冷やす野菜
夏野菜に多いのですが、体の熱を逃がすカリウムを含む野菜を取り入れるのも手です。
きゅうりやトマト、茄子やゴーヤなどは体内の余分な熱を逃してくれます。

※逆に刺激の強い料理(カレー、香辛料やスパイスが効いた料理)、カフェイン(コーヒー、栄養ドリンク)、乳製品や揚げ物などは発汗を促進しますので夏場や寝る前は控えた方が良いかもしれません。

◇汗の臭いを抑える食べ物
汗の量も気になりますが、臭いも気になりますね。汗臭さといったら酸っぱい臭いが思い浮かびます。この臭いの元は疲労物質の「乳酸」が汗の中に混じると臭いに変化します。
汗の臭いも先ほどと同じ、ストレスや疲労が溜まっている人ほど強く臭います。
生活習慣を改善することによって臭いも抑えることができます。

・クエン酸、梅、酢などのアルカリ性の食物
 乳酸を体外に出し、体を酸性になるのを防ぎます。

・食物繊維を含む食物
体の老廃物を除去、腸内環境を整えるので汗や体臭を防ぎます。

・緑黄色野菜やビタミンE,ビタミンC、ポリフェノールを含む食物
抗酸化作用のある食物は臭いを防ぐ効果があります。

※逆に動物性タンパク質や乳製品、脂っこい食物を多く摂ると臭いの原因になりやすいと言われています。

上記に挙げた食物を摂るほかに、体を清潔に保つことが先ず大切です。
夏は露出の多い季節なので汗を気にされる方は参考にお過ごしください。

はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

«« 【第9話】春になると気分はブルー!? | main | 【第11話】幸せホルモンを増やしましょう! »»
«« カテゴリ内前記事(【第9話】春になると気分はブルー!?) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第11話】幸せホルモンを増やしましょう!) »»
2012/04/09
【第10話】「睡眠」に気を使っていますか?
個人差こそありますが、ヒトの一生の約3分の1は寝て過ごします。そう考えると食事や運動などと同様に、睡眠について私たちはもっと気を使う必要があるかもしれませんね(以下は睡眠に関係する話をザッと挙げたものです。ご参考まで!)。【第10話】「睡眠」に気を使っていますか?



□太陽には目を覚ます強い覚醒作用がある。
太陽の光を全身に浴びると脳が目覚め、気分が高揚し、すがすがしい気持ちになる。

□起床時間は一定にすることが大切。
休みの日に、一週間分の疲れをとろうと朝遅くまで寝ると、睡眠と覚醒のリズムが乱れ、起きても頭がボーッとし逆に疲れることに。効率よく寝だめをするなら、朝寝坊ではなく早寝をするのが基本です。

□睡眠不足は、頭がスッキリせず勉強や仕事の能率が落ちる。
また、睡眠過剰も同様で、一般的に成人の方は7〜8時間以上眠ると、逆に疲れが出る「寝疲れ」になると言われます。
 
□睡眠時間は個人によって違いますが、年齢によってもかなり異なる。
睡眠時間は一般的に新生児で18時間、10歳児で11時間、成人では7〜8時間と言われている。

□睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」がある。
レム睡眠は、眠っているときに目玉がキョロキョロ動き、脳にとっては比較的浅い睡眠ですが体にとっては一番深い睡眠状態にあります。夢は、このレム睡眠の状態で見ます。またノンレム睡眠はレム睡眠以外の急速眼球運動のない睡眠のことで、脳も休んでいる状態です。
※レムとはRapid Eye Motion(急速眼球運動)の略で、まぶたの下で目がキョロキョロ動くという意味

□老人は、「寝つきが悪い」「夜中に何度も起きる」「朝早く起きる」などの特徴がある。
これは深い眠りが若い人に比べて大幅に減少するために起こる。

□眠れないときには哲学書を読めば眠くなる。
難しいもの、面白くないものを読んで脳が拒否反応を起こしてしまうような状態にすると、いつの間にか寝てしまいます。反対に面白い本を読むと覚醒中枢が刺激されて眠れなくなってしまいます。

□本を読む姿勢は、眠りたいときには仰向けの姿勢で読むのが効果的。
逆に、眠りたくないときには腹ばいになって読むのが良い。

□就寝前の風呂は、ぬるめのお湯にするのが効果的である。
熱い風呂は逆効果です。交感神経の働きが活発になって逆に寝られなくなります。
etc.

携帯電話スマートフォンの登場で、自分自身の睡眠を観察する手段も登場してきました。スマートフォンのアプリを使えば、睡眠のための効果的な音楽を聞けたり、睡眠時間の記録・管理、中には眠りの深さなどを調べるといった興味深いものまで存在します。
是非、一度、自身の睡眠を観察する必要がありそうですね。意外な事実が分かるかもしれません。

はまやスタッフ:ひまわりT

posted at 2012/04/09 15:32:15
lastupdate at 2012/04/09 15:32:15
修正