【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/07/27 :: 【第179話】<北海道バイオインダストリーのHPが新しくなりました>
あれよあれよという間に7月も最終週になってしまいました。今年は異常気象になりやすいエルニーニョ現象が観測されている通り、7月から台風が何度もやってきて、全国的に水害が多く厄介な夏ですね。このまま、夏が終わってしまうのかと思うととても残念でなりません。
 さて、弊社関連会社の北海道バイオインダストリーのHPが新しくなりました。会社概要、商品紹介、研究開発、開発素材についてスッキリまとめられておりますので、是非、一度ご覧ください。今回は同社について簡単にご紹介いたします。

竃k海道バイオインダストリー ホームページ http://www.bio-do.co.jp/

!!$img1!!<北海道第1号の大学発バイオベンチャー企業>
 竃k海道バイオインダストリーの設立は1997年9月、北海道農産品の高付加価値化をテーマに、北海道東海大学(当時)の研究シーズを元に立ち上げた北海道第1号の大学発バイオベンチャー企業です。
大学発バイオベンチャー企業は、その当時としては先進的で、大学に眠る優れた研究成果を民間企業で活かし、社会に還元することを目的としています。

<北海道の付加価値率は残念な結果⇒全国45位>
 北海道は日本最大の食糧生産地域であり、食糧自給率は生産額ベースで200%ほど、農水産1次産品の生産額は全国第1位、食品工業事業所数も全国第1位ではあるものの、食品工業の付加価値率は全国平均の34.5%に対して北海道は27.9%。47都道府県中45位ということですから1次産品がそのまま食品原料として全国に出荷されてしまっていることになります。つまり、折角素晴らしい食品原料を持っていても、加工品として出荷していないものですから、利益を得ることができていない残念な結果にあるということです。

<竃k海道バイオインダストリーの事業>
上記の通り、北海道には素晴らしい1次農水産品がたくさんあります。生産高で北海道が全国1位の主だったもとして、小麦、大豆、小豆、いんげん、馬鈴薯、てん采、そば、たまねぎ、かぼちゃ、にんじん、スイートコーン、ながいも、生乳、さけ、ホタテガイ、コンブ、甘えび・・・。さらに、身体に良いとされる、アイヌ伝承の野草・野菜を加えるとその数は数百にも上ります。
同社は、そういった体に良いとされる北海道産農産品の機能性(健康効果)を現代科学でしっかりと検証・確認をして、現代人が抱える生活習慣病等の予防を目的とした機能性食品・食品原料を研究開発・販売しています。簡単に言うと、北海道農産品について健康という付加価値をつけ、加工し、販売しているのです。


はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第8話】野菜ソムリエの食卓〜『朝食はちゃんと食べていますか?!』 | main | 【第10話】「睡眠」に気を使っていますか? »»
«« カテゴリ内前記事(【第8話】野菜ソムリエの食卓〜『朝食はちゃんと食べていますか?!』) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第10話】「睡眠」に気を使っていますか?) »»
2012/04/02
【第9話】春になると気分はブルー!?
日に日に春らしく暖かくなってきました。春といえば入学シーズンですね。何か新しいことを始めたくなる気持ちが湧きますが、その一方で春は、”何もしたくない””やる気が起きない”などといった沈んだ気持ちにもなりがちな季節でもあります。
それは、春は入学や入社、転居など大きな生活の変化が多い季節で、慣れ親しんだものとの別れが契機となり、悲哀感、絶望感、虚無感などにさいなまれたりすることが起きやすいことにあります。このことは、誰にでも起こりうる症状でうつ病につながることもあるようです。
【第9話】春になると気分はブルー!?


原因は季節的なことの他にも、仕事や人間関係による
ストレスなどさまざまありますが、そんな気持ちを切
り替えるには、何が有効でしょうか。

それは“プラス思考のイメージトレーニングをする”ことです。
人間は何かをするときにイメージが先行します。頭の中でイメージして、次に行動を起こすのですが、何か不安を考えている時はマイナスのイメージが勝っています。そのマイナス思考が続くと悪いイメージが固まってしまうことに・・・

まずは、
Step1.不安に感じていることやマイナスに感じていることに気づく。
Step2.気づいたら、その考えをやめる。
Step3.イキイキと過ごしている自分の姿をほんの少しだけ連想する。

このなかで、ポイントは“ほんの少し”というところです。
長い時間良いイメージを思い浮かべるのは難しいので、気持ちが沈んだらプラスのイメージにほんの少し、数秒でも構いませんので切り替えていきます。それを繰り返していくと、次第にマイナスのイメージが薄れていきます。

はまやスタッフ:ひまわりU

posted at 2012/04/02 14:34:31
lastupdate at 2012/04/02 14:34:31
修正