【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/06/29 :: 【第175話】夏のスパイス活用法
全国的に梅雨入りしてじめじめした天気が続いていますね。梅雨の季節はなんとなく気分が優れず「だるい」、食欲不振など体調も崩す方が多くなりがち。体への負担やストレスが増える前に、まずは食生活を整えることが大切です。と、いっても既に食欲がわかない方も多いでしょう。そんな時はカレーです!夏はカレーが食べたくなりますよね!?カレーのCMが増えるのもそうですが、夏の食欲が無いときでもカレーなら食べられる人も多いとか。カレーには多くの種類の香辛料(スパイス)が使われており、食欲増進や内臓を元気にしてくれる効果があり、疲れた体を元気にするパワーフードなのです。
さらに、市販のカレールーにお好みのスパイスを加えて本格的なカレーに仕上げることも
できます。スパイスを活用して本格的な夏を迎えましょう。

!!$img1!!スパイスとは
料理の香りや色づけ、辛味などをつける役割をもつ香辛料で植物の一部(種子、果実、樹皮など)が利用されたものをいい、ドライ(乾燥)状態で使われるものが多くあります。こしょう、ガーリック、シナモンなど。一方スパイスと同じ役割で『ハーブ』も香辛料に含まれますが、植物の花、葉、茎を中心に利用され、生の状態で使われることが多くパセリ、バジル、シソなどがあります。
※スパイスとハーブは国や使用部分、学者によって分け方が様々あります。

■スパイスの役目
スパイスには“香り”、“辛味”、“色”、“とろみ”を付けるための役割があります。


■スパイスの効能(特にカレーに使われているスパイス)

『ターメリック(ウコン)』
カレー粉の主原料で黄色の色付けに使われています。“クルクミン”というポリフェノールが含まれており、肝臓の解毒作用を強化する働きや胆汁の分泌を促進させ、二日酔いに効くといわれています。アルコールを飲む前にウコンを摂ると良いのはここからきています。

『ガーリック(にんにく)』
血流を良くしたり、免疫を高め、殺菌作用のあるガーリック。疲労回復や滋養強壮のサプリメントに使われていますね。

『ジンジャー(しょうが)』
体をあたためる効果があり、冬になると、ジンジャーを使った料理が多くなりますね。殺菌作用や免疫力アップにおすすめです。

『唐辛子』
中華料理など唐味をつけるときに使いますね。唐辛子には脂肪を燃焼する唐味成分“カプサイシン”が含まれています。唐辛子が入った料理を食べると、一時的に体温が上がって汗をかき、エネルギーを消費してダイエット効果があります。さらに、唐辛子にはビタミンAやE、カリウムなど栄養も高く、生活習病予防にも効果的ですから、夏のダイエットには唐辛子が入った料理がおすすめですね。

『クミン』
カレーの主要なスパイスで消化促進や解毒作用があり、下痢や腹痛薬にも使われています。さらに「クミンダイエット」と言われるほど体脂肪が減少、コレステロールの吸収を抑えます。

『ナツメグ』
ハンバーグの香り付けにもよく使われているナツメグは消臭効果があり、ひき肉料理に多く使われます。胃を丈夫にし、食欲改善や不眠症にも効果がありますが、一度に大量に摂取すると嘔吐したりする場合があるので注意が必要です。肉1キロに対し0.2gが目安と言われています。

『シナモン』
お菓子や紅茶などの風味付けに多用されるシナモンですが、機能性としては中性脂肪・コレステロールの低下、肥満防止、血栓予防、老化防止、シミ・シワの防止効果があるとされています。但し、多く摂取しすぎるとシナモンに含まれる“クマリン”という成分が肝臓障害を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。摂取は1日1g程度が目安とされています。

ナツメグやシナモンの様に一度に大量に摂取すると副作用を起こすスパイスもありますので、料理に使う際は少量でお使いください。また、持病や香辛料アレルギーがある方は事前に医師に相談する必要がありますね。


はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

«« 【第1話】不足、不足、不足の現代人へのススメ! | main | 【第3話】予防は自分と他者のために! »»
«« カテゴリ内前記事(【第1話】不足、不足、不足の現代人へのススメ!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第3話】予防は自分と他者のために!) »»
2012/02/20
【第2話】〜野菜ソムリエの食卓〜 『野菜好き!?』


こんにちは店長のむらかみです。
皆さんは毎日野菜をどのように食べてますか?
毎日当たり前のように野菜や果物があって、特に何も考えることなく食べているのがきっと一般的ですよね。
私も何も考えることなく口に運び『美味しいなぁ』っと感じたり、時には『これはもういらない!』と思ったりと言うくらいの食生活を毎日送ってきました。てれてれ



基本私は野菜が大好きです。食事は小さい頃から野菜中心の食生活で育ったこともあり、結婚してからも食卓に野菜が並ぶことが多く、折角なので妊娠を機に『野菜ソムリエ』の資格を取得することにしました。

この資格を取得して良かった点は、野菜や果物の見方や考え方、そしてどのように調理するのが一番素材を活かし、栄養価を高くすることができるのか?など考え、何も知らずに食べるよりも知識を身につけることにより、豊かで・健康的な食生活をおくる楽しさを実感できるようになったことです。

【第2話】〜野菜ソムリエの食卓〜 『野菜好き!?』今後このブログから皆様に『旬』の野菜や果物情報、購入後の家庭での鮮度を保つ秘訣等々、野菜ソムリエとして多くの人たちに楽しい食卓を提供することができるような情報をお伝えしていきたいと思います。

『健康の基本=食事x運動x睡眠』です。
皆さんで食生活を一緒に考えて見ませんか?

店長:むらかみ しほこ
posted at 2012/02/17 6:00:07
lastupdate at 2012/03/06 13:10:05
修正